Management Support

business1140x500

・海外市場への進出、ビジネス相手を知る必要が成功することができる。

顧客関係管理は、企業が顧客に関連する内外のデータを分析し、統合して、顧客中心のリソースを最大化し、これをもとに、顧客の特性に合わせてマーケティング活動を計画、支援、評価の過程でCRMは、最近登場したデータベースマーケティングの一対一のマーケティング、リレーションシップ·マーケティングとすることができます。
永山のCRMは、顧客との継続的な関係を維持しながら、「一度顧客は一生顧客」になることができる機会を作って一生顧客化を通じ、顧客の価値を高めるものであり、顧客に関連する企業の内、外部データを分析、統合して、顧客の特性に基づいたマーケティング活動を計画やサポートして評価しております。 弊社は、お客様の情報。データベースをもとに、顧客を細部的に分類して、効果的かつ効率的なマーケティング戦略を開発する管理システムを備えており、顧客統合データベースを構築して、顧客の購買パターン、好みを分析して、顧客それぞれの行動を予測、さまざまなマーケティングに連携しています。 過去のマスマーケティング(Mass Marketing)、市場細分化(Segmentation Marketing)、隙間市場(Niche Marketing)とは、確実に区別されたマーケティングの方法でデータベースマーケティング(DB Marketing)のIn dividual marketing、One-to-one Marketing 、Relationship Marketingから進化した要素をベースに、何よりもCRMを実際に活用することができる環境の実現に重点を置いており、実際の適用を行うことができるように、顧客管理と関連したKPIの改善とそれを推進する従業員に対する成果報酬制度を改善しました。その上、顧客情報、分析、キャンペーンシステムなどIT部門を改善し、顧客管理業務がより効率的に進行できるようにして特徴に合わせたトータルマネジメントサービスを提供しています。
management-jp
management03
management-01

永山ファミリーシステム(Eisan Family system)は、サプライチェーン間の競争環境では、サプライチェーンの能力の高度化を図り、既存の技術革新の枠から外れた継続革新、実用的な技術革新、コミュニケーションベースの技術革新の3つのモットーをベースにして進めています。
最終的には、サプライチェーンの競争力を高度化することを目的とし、システムの正常な推進のためのコンセプト、制約、および成功要因について明確な設定を通じて、サプライチェーンの競争力を高めていくようにしています。
このシステムの究極の目的は、組織の文化やシステムまで、水平的なパートナーシップをベースにしたファミリーチェーンを構築していくことにあります。

顧客との活発的なコミュニケーション、戦略的な分析を通じた顧客管理。